読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とジュンゴと茶碗蒸し

ボードゲームについて感じたことを書いています。

ブラッドバウンド_プレイ感想_20140506

GWもブラッドバウンドできてうれしいです。
どんな感じだったかメモしておこう。


・飲み会の後で
他にもいくつかボドゲやった中で、ブラッドバウンドもできました。
初プレイの方は2人で、8人で開始。
…なんだけど私のインストが雑すぎて自分自身でびっくりしました。
いくら久しぶりだからってあんなインストはないわ…

幸い要所要所でインストを補助してもらえたのと、
初プレイの方も飲み込みがすごくよくて助かりました。
プレイング自体も初プレイとは思えないくらい。
キャラクターの能力をきちんと理解して立ち回っていて
センスあるなーと思いました。すごい。



ボドゲ会で
別の日にこちらも8人で。ただしこちらは初プレイの方が5-6人いました。
私は参加せずインストと質問受け付け係に。
さすがにインストは大分まともにできました。

こちらも初プレイにも関わらず詰将棋の部分をさくっと進められて
アサシン刺しで終了というプレイングがありました。
あまりのことに周りの方がちょっとついていけてなかった感じ。
初見で能力エンドできるのは、きっと他のゲームで慣れてるからなのでしょう。
上手でした。




そのほか
人狼系ですっていうキャッチフレーズは良くも悪くも伝わるね。
人狼が好きな人はやりますやります、ってなるし、
人狼はお断りですっていうひとはやりません。ってなるし。

ブラッドバウンドが人狼と違うのは
全員に役職があって、必ずその人だけができる仕事があること
誰か死んだら終わりなので、即殺されて見てるだけにはならない
1プレイがインスト込でも30分未満に収まる、2回目以降は15分切る
っていうのが大きいんだよね。

でも人狼系って言っちゃうと、やっぱり拒否反応が強いひともいるので
上記の点を追加して言うと少しはマシになるのかなって思います。

それでもダメな人は仕方ないね。
楽しく遊べる他のゲームで遊びましょう。
私もブラッドバウンドはやるけど人狼は遠慮しますって人だし。

あと今日はずっと同じ役職だったって人がいた。なんかごめん。
2連続同じ役職の人がいたら、ディーラーがキャラクターカード配る前に
その人に引いてもらうようにしようかな。
それでも引いたらあなたはそのキャラなんだよ!ってなって
それはそれでおもしろい。(気がする)


そして未だに序盤の最善手がわかりません。
基本的に自分の右側の人を刺すか渡すかでいいと思うんだけど、
自分の数字によっては刺し合いを避けたいこともあるからね。

初プレイの方は、ナイフが回ってくるとどうしようって考え込む人が多いから
とりあえず上のやり方をおすすめしたいとも思うのだけど。
でもそれがベストとは言えないし、自分で考えて立ち回ってほしいとも思うけど
とにかくダメージが入って陣営が見えてこないとゲームが進まないんだよね。

自分が引いたキャラクターとゲーム展開、ダメージ状況によって
とったほうがいい行動は変わってくる。
それがおもしろいし、悩ましいゲームなんだと思います。
いいゲームだと思うんだけどなー